美髪までの道のり




こんばんは



小田急線 柿生駅 南口 徒歩1分



髪のお悩みを解決する



プリマルシルのツネです。











あなたは髪でお悩みですか?






そして どのようなお悩みですか?











僕たちは、お客様のご要望をふまえた上での



最善のご提案を心がけております。










傷んだ髪を綺麗にする1番の方法としては




傷んでしまった髪を切ることです。












しかし、






傷んだ髪はなんとかしたいけど




長さは変えたくない...
 



これから伸ばしていきたい。





といったお声が多いのも現状です。









では、どうすればいいのか?









お店でのご提案の例を

ご紹介したいと思います。







【髪を伸ばしているが、傷みが気になる】


  • ストレートヘアで、もともと癖も強くないが、毛先の引っかかりが特に気になる方


状態が軽度の方であれば

「クリニックカット®︎」
がおすすめです。



髪の長さは変えずに、傷んだ髪を取り除いていくカットになります。



引っかかりが重度の方には

「縮毛矯正」がおすすめとなります。
引っかかりを軽減させることができます。




  • 癖もある。毛先の引っかかりが気になる上に、広がるので毎日アイロンやブローでお手入れされている方


朝のスタイリングにさほどストレスもなく、さくっと済ませられる方であれば


「クリニックカット®︎」だけで対応可能かと思います。(現状にもよりますが)


しかし、癖が強かったり、とても広がる、傷みが酷い。こういった髪の現状で、スタイリングに時間をかけている方や、毎日 高温のコテやアイロンでセットしている。


このような方には
「縮毛矯正」をおすすめします。


スタイリングを楽にして気分も軽くなり、毎日の物理的なダメージの蓄積も減らす。
お時間とお値段は頂きますが、ストレスから解放されます。





  • 白髪が気になるけど、カラーも傷みが気になるからしたくない。


うちのカラーは傷みません。

とは言いません。


しかし、髪を傷ませる要因を極力減らす
工夫は 多くしてあります。




余談にはなりますが、
お客様で今でも気にされる方が多いのが
「経皮毒」の問題。


僕個人の見解としては、経皮毒に関しては医学的な根拠がないというのが1つ。経皮吸収が全く微塵も無いのかは知りませんが、皮膚のバリアは厚く、神経質になる必要はさほどないと思います。


あとは、
妊娠している時のカラーについて。


こちらも問題無いと思います。しかし、体調の変化が気になる方、長時間椅子に座っていることや、シャンプー台で横になるのが辛い方や、敏感になっている方にはおすすめしません。


妊娠が分かられた時に、当分染めなくてもいいようにトーンダウンされる方もいらっしゃいます。




  • それでも、普通のカラーはちょっと...


という方には、ヘナもご用意しております。


ノンジアミンヘナです。


ジアミンアレルギーの方にも対応できます。
(※植物アレルギーの方はご相談下さい)

ヘナはとてもオススメです。


メリットが多い反面、デメリットもございますので、お客様のご要望をお伺いしながらご提案させて頂きます。




  • 黒くはしたくないけど、白髪もしっかり染めたい。


明るすぎず、艶を感じ、色持ちもよく綺麗に見えるトーンで染めることも可能です。



そして、おすすめしないのが
セルフカラーです。

髪を余分に傷ませる原因となります。




  • 白髪が伸びるのは気になる... でも毎月のカラーリングもちょっと...


そのような方には、気になる生え際や分け目のみを染めるTゾーンカラーもございます。


2回に1回はTゾーンカラーにするなどの工夫もできます。





1度明るいカラーをしたり、無理なパーマをかけると髪は傷みやすく乾燥しやすくなります。
そして、期間が経ち褪色したままの髪は、傷みが露わになっている状態。


傷ませたくないから、と何もしない方もいらっしゃいますが、、

お手入れされていない髪は、余計に傷んで見えます。

綺麗に魅せることも大切ですし、髪は女度を上げます。気分が変わります。

まず気持ちが変われば、
きっとその他も変わってくるはずです。







例をあげればきりがありませんので、、



お悩みや、些細なご要望がございましたらカウンセリング時に何なりとお申し付け下さい。




ご予約時に、
何から頼めばいいか分からない!!!!




そんな方のために
「おまかせ3時間枠」がございます。






美髪への道のりを、

プランニングさせて頂きますので

お気軽にお申し付け下さい。






ご来店 心よりお待ちしております。


では。