なぜ乾かしただけで艶が出るの?!





こんばんは




小田急線 柿生駅 南口徒歩1分



髪のお悩みを解決する



プリマルシルのツネです。









今日は、お客様からの素朴な声をご紹介します。




シャンプーから上がってきて、乾かしている時のことです。





「なぜ乾かしただけでこんなに艶が出るの?!」





とおっしゃられるお客様が少なからずいらっしゃいますが、特別なことはしておりません。






綺麗な髪を乾かせば綺麗に艶が出るのは当然のこと。






では、なぜ艶が出ないのか?!





何が違うのか?!






この素朴な疑問を紐解いていきたいと思います。






では、お客様でよくあるケースをご紹介します。


  • お風呂上がりに、すぐ髪を乾かさない。

髪は濡れると、キューティクルが開きます。つまり、その状態で放置しているとキューティクルが開いたまま、水分だけが抜けていくため、パサパサになる原因となります。

髪も場所によってダメージレベルが異なり、癖も混在しているのがだいたいです。それらの髪の乾くスピードも場所によって異なります。放置している間にパヤっと乾いてしまった髪はそのままパヤっとした仕上がりになります。

つまり、髪に均一に水分がある状態から乾かし、キューティクルを閉め「水分を中に閉じ込めるイメージで乾かすこと」が大事になってきます。




  • 半分乾かして、あとは自然乾燥させる。

こちらも割と多いケース。
髪が濡れたまま寝ることがよくないことは皆さまご存知のようで、寝る前までにはしっかりと乾いている状態にはしているとおっしゃられますが、キューティクルが閉じ切れていないまま、水分が抜けていくため、パサパサになりがちです。

または、湿気を吸いやすい状態になり、広がりや膨らみの原因にもなります。



このような方々の多くは、

  • 髪が長くて乾かすのに時間がかかりすぎるから

  • 量が多くて乾かすのが大変だから

  • お子さんがいて自分に時間をかけられないから




と、いった感じで、しょうがない現状ではあると思う反面、綺麗を保つにはやはり一手間が必要になってくると思われます。




楽して痩せるのは無理なのと同じです。

無理なダイエットもリバウンドしますし、無理なくコツコツ出来ることから改善していくのが美しさを保つ秘訣になってくるのではないかと思います。




(髪質によって、またパーマをかけられている方などは、また少し変わってきたりします。)







  • 髪にドライヤーの風を当てる角度がよくない

こんな風にしてませんか?



キューティクルに逆らって風を当てると、バサバサになりやすいです。


風を当てる角度は、基本的には根元から毛先に向かってです。



  • ドライヤーと髪の距離が近すぎるために、局所的に乾きムラが出ている。

乾きすぎなところと、まだ乾いていないところが混ざっている状態。乾きすぎた髪は熱をもつため、乾きムラが分かりずらくなります。乾ききれていない髪がパサパサになる原因に。


よくあるのが、髪の表面だけが乾いているが、耳後ろやネープなどの内側が乾いていないケースも。



髪とドライヤーとの距離を保ち、風を分散させ、ムラにならないようにまんべんなく乾かせられればいいのですが...


僕のは従来型のドライヤーなので重たい上にこの体勢は腕が辛いです。


僕たち美容師は、距離感をコントロールできますが、自分でコントロールするには慣れが必要...



美容師がお客様を1人で乾かした場合、業務用のドライヤーを使ってでも10〜15分前後かかります。




一般的な家庭用ドライヤーは、ワット数が小さく、小柄で軽量なので風力が弱い。



自分でしっかり乾かすとなると、どれだけ時間がかかることでしょう....






では、いきましょう。




  • 自分で綺麗に乾かすコツとは?!


乾かす時の風の割合を冷風を多めにすること。これがポイントになってきます。


まずは温風にして。基本的には根元から風を当てること。


熱っ!!となっては、それは局所的に当てすぎで、近すぎのサインです。


髪に熱がこもり始めるのが分かった瞬間が冷風に切り替えるタイミング。
乾かす手が熱ければそれは当てすぎ。


通常のドライヤーは、温風から冷風へ切り替えても冷えた風が出るまでにタイムラグが生じます。電熱線が熱くなっているうちは生ぬるい風がしばらく出て、冷風になるまでに少し時間がかかります。


熱がこもったら→冷風そしてまた温風→熱がこもったら冷風を繰り返し、9割くらい乾いてきたらあとは冷風で乾かします。



髪の水分が過剰にとぶこともなく、しっとり仕上がります。



温度調整が可能なドライヤーがあればそのお手間はなくなるのですが、

例えばダイ◯ンとか。


ただしセレブなお値段です。







  • もちろん綺麗に乾かしたいけどでも、早く乾かしたい...


そんな貴女には。

こちら。


「ホリスティックキュアドライヤー」


特に宣伝をしたくてこの記事を書いたわけではございませんが、一応販売も致しております。笑


お値段は高すぎずそれなりです。

なにがおすすめかというと

1500Wで大風量なのに、ものすごく軽いところにあります。


この一見アクロバティックな体勢も難なくこなせます。少し大げさですがこの体勢が結構大事だったり。




早く乾かすには、単純にドライヤーをパワーアップさせれば解消できたりします。





気になる方はスタッフ〜まで。




今回は艶に関しての視点で「髪の水分量」に着目してのご紹介です。



これが全てではありませんので、乾かす際の細かいポイントはお客様のお悩みに応じてお伝えさせて頂きたいと思います!





では。