髪が引っかかる原因












こんばんは








小田急線 柿生駅 南口 徒歩1分








髪のお悩みを解決する








プリマルシルのツネです。












髪の引っかかりが気になる...






というお悩みの方は多くいらっしゃいます。






指通りが悪く髪が引っかかる原因として

考えられることは大きく分けて2つ



  • 髪が傷んでキューティクルが荒れている
  • 乾燥によるパサつきによるもの






髪のダメージや乾燥とざっくりとくくっても





そこに至る要因は様々あります。




  • カラーやパーマを繰り返ししている
  • ブリーチをしたことがある
  • 白髪染めを頻繁にしている
  • セルフカラーをしている
  • 前髪や横髪、毛先をよく触る癖がある
  • 髪を縛り続ける時間が長い
  • 中よりも外にいる時間の方が長い
  • 冷暖房に常にさらされている
  • 髪を濡れたまま放置することが多い
  • 朝シャン後ザッと乾かしてすぐに外出する
  • 濡れた髪をクシで梳かす時に力ずくでガリガリしがち
etc...







お客様が知らず知らずのうちに




髪に負担をかける習慣を無意識でされていたり




髪に悪条件の環境下にいて、気づいた時には




髪はパサつき、扱いやまとまりずらい状態になっていたりと...








他にも

  • 梳きバサミを多用されたことにより、パヤパヤする髪が増えた
  • 梳きバサミを入れられた時に、ガシッと引っ張られる違和感があった
  • シャンプーをガシガシされて、ガシガシ頭を拭かれた
  • 髪の体力以上に強い薬剤を長い時間使われた
  • 髪の扱い方が雑だった
etc...




美容師側の問題もあったりします。













では、どうすればいいのか...











まずはそうなった要因を



知ることからです。









なぜ引っかかるのか?


いつからそうなったのか?









きっと要因は1つではないはず。



そして、そこに拍車をかけた原因も



あるはずです。



良かれと思ってやっていた習慣の見直しや



普段されているお手入れ方法をお教え頂くことで



要因を洗いざらしていきます。









では




_______
ルシルでできる解決策としては
____________




  • 要因を探し、お手入れの仕方の見直しと改善策のお伝え
お客様の意識も変わらないと
同じことの繰り返しになります!


  • 毛先のザラつき、引っかかりの原因となる髪をクリニックカット®︎で取り除く
一度やれば綺麗に!
とは、いきませんので40日周期での
メンテナンスを推奨しております。


  • 縮毛矯正でリカバリーする


  • 気にならない長さまで短くカットする







一例ではございますが、髪が長ければ長いほど




毛先にくるのは数年前に生えた髪。




数年分の負担が蓄積されているわけです。




僕たちは髪を綺麗にするお手伝いをさせて頂く立場にあります。





一緒に綺麗を目指しましょう。






髪のお悩みぜひご相談下さい。







では。

1 参考店頭価格9,612円(税込み)
2 税抜価格